項目TOPに戻る HPのTOPに戻る
前へ 次へ

アニメなどのムック本収集  作品名 は-行




ハイスクールD×D おっぱい BOOST BOX おかわり

前回のBOOST BOXが早めに売り切れて一時プレミアが付いていたがこの時は品が余ってた状態だった でもアニメの第三期製作が決定しているようなので話題になればこれもプレミアが付くかもね
BOXとあるがその箱は「朱乃さんおっぱいマウスパッド、リアス部長マイクロファイバータオル」が入ってるためで書籍?としての本そのものは箱の表に引っ付いてる薄い本です なおマイクロファイバータオルは125cm×60cmと結構大きい
これって絵柄は原作のみやま零氏のが使われてるからアニメの関連書籍ではない・・・よな
2014/3/20

這いよれ!ニャル子さんVISUAL FAN BOOK

左はとらのあなの特典
GA文庫からのアニメ化作品 這いよれ! ニャル子さんのファンブック アニメが終了した後に発売、その後に第二期が発表されたが本書の帯に「TVシリーズ第一期を振り返り」と書いてあったのでモロバレだった
付録でブシロード ヴィクトリーパークに対応?のカードが付属していた

アニメ誌に描き起こされたパブリックイラスト、設定集、全12話のストーリー紹介 予告の会話まで紹介、あとはキャストで構成された後ろから這いより隊G及びスタッフインタビュー、最後に元ネタとなっているクトゥルーについての解説があるが2Pでサクッと紹介されている程度
0547
2012/9/17」



這いよれ!ニャル子さん設定資料集

ムービックから出ているもの どうせなら決定している二期の終了後にまとめて出せばいいのにね まあ二期も同じスタッフで制作するならキャラクター設定集も一期と同じものを使うことになるんだろうが・
作画用の設定資料みたいなもんなので主要キャラの表情と全身の設定画とちょこちょこ作画上の注意とか
あくまでコアなファン向けのため本当に設定画のみ なので関連本ならビジュアルブックの方がいい



破邪巨星Gダンガイオー記録全集

帯に「このGダンガイオーはダンガイオーなんかとはモノが違うんだ!!」とあるが・・ほんとか? グレートマジンガーのように登場したがそれでアニメ事態はおわりやんけ
値段の割には薄くて小さい まあ13話だしね・・ 河本ひろしによる「異聞 破邪巨星ダンガイオー」って漫画がるがいらんのとちがうか?「記録全集」なのだからマンガ載せてるくらいならその分、資料のせたらどうだ?
アニメ雑誌に描かれたイラスト素材も収録されているが人気のせいかあるいは放送期間が短かったせいか少ない
後はこういったTVシリーズのムック本につきものの各話のあらすじ紹介と設定
破邪大星ダンガイオーと破邪巨星Gダンガイオーの関連書品のまとめとか・・
個人的な興味は山田正樹氏の作画だけだったので書き下ろしのイラストとかが見たかったがそいったギャラリーはない
デスクトップアクセサリーもでているようだがみたことない
2001/11/28



HAPPY LESSON

HAPPY・LESSON〈1〉ある日、先生がママになった
HAPPY LESSON〈2〉ワンダフル・ママライフ
HAPPY LESSON〈3〉この世界でいちばんのママと…
ハッピーレッスン1 ある日、先生がママになった 2002/6/20
ハッピーレッスン2 ワンダフル・ママライフ 2002/7/20
ハッピーレッスン3 この世界でいちばんのママと・・・ 2002/9/20




HAPPY LESSON ADVANCE

株式会社メディアワークス56p




HAPPYLESSON完全ビジュアルブック

電撃G’sマガジンの企画ページからメディアミックスされたハッピーレッスンのアニメの方の関連本
アニメでは最初にOVAで3作、アニメで13話のシリーズ、後にハッピーレッスンアドバンスで2シリーズ目、さらにOVAで数巻でているが 本書は最初のTVシリーズのムック本 OVAの1話がTVシリーズの1話として構成されていることもあり、OVAの2.3話も少しだけ紹介されているTVの放映話数が13話と短いせいもあるがストーリー紹介は1話につき1Pで短く、大半はキャラ紹介とギャラリーになっている  ビデオには14話が収録されたがそれについてはストーリー紹介にはない   短期放送の割りにギャラリーが多いのは 同じ電撃関連の雑誌の電撃アニマガが頑張ってページ割いてたから?    関連グッズ一覧とスタッフインタビュー、イラストギャラリーの初出一覧有
アニメ版キャラデザインと作画監督の加藤やすひさのファンの方はチェックか?
2002/8/30



HAPPY LESSONオフィシャルキャラクターズブック

電撃G’sマガジンの企画ページ連載をまとめたものでほどんどは5人のメインキャラクター 一文字むつき、二ノ舞きさらぎ、三千院やよい、四天王うづき、五箇条さつき、後から登場した同級生の七転ふみつきのキャライラスト、紹介で占めらている 「キャラクターブック」なので当然か・ キャラ紹介の合間に連載分のショートノベルみたいなのが入る 全6話だが きさらぎメインの回でG’s連載時は裸をみられたきさらぎは掟で「伴侶とすべき」で止まっていたが、ママティーチャーというコンセプトのせいか本書の収録にあたりやはり「ママになる」というくだりが追加になっている
2001/10/20



HAPPY LESSON ビジュアル&完全攻略ブック

G’sPREMIUM VOL.6  ささきむつみのポスター付
電撃G’sマガジンの企画からDCゲームソフトになった同名作品の攻略本  ほかのシスプリなどの攻略本と同じでゲームは難しくもないのでクリアまでの選択肢をまとめてあるくらいであとはイベントのキャラCG、アニメ版の絵が嫌いでささきむつみの法の絵が好きならこちらのゲームの方がいいと思うが おなじささきむつみ原画のメモリーズオフのCGに比べればかなりショボイ絵・  あとは声優の対談とこの後に発売になるOVAの情報など
2001/5/15



HAPPY LESSON―OAVビジュアルブック

OVAビジュアルブックとあるが最初にでたOVA3巻全部をカバーしてあるわけでなく、1巻のみである 多分2巻の発売前に出されたのではないだろうか?  アニメ版のキャラの紹介とキャラクターボイスのインタビューでページを稼いでいる本で中身はあまりない アニメ版の設定資料もあるが少しだけ  あとはG’sマガジンやメガミマガジンに掲載されたイラストが載っているくらいか
2001/8/30



バブルガムクライシスTOKYO2040 Dセレクション

ポスター付
OVAで発売されたバブルガムクライシスをリメイクしてTVアニメ作品として発表したバブルガムクライシスTOKYO2040の関連本
リメイクとはいえ前作から12年経ってのリメイクなのでもとを放映当時は元を知らない人も多かったと思われる
OVAシリーズは園田健一のキャラだったので好きではなかったが リメイク作品は山田正樹氏のキャラデザインなので関連本を買ってみた 実際のアニメは放映される地域ではなかったこともあり(放映されていたかもしれないが午前1時や2時はチェック外 今はそんな時間帯は普通にアニメがやってるけどね)
主人公セイバーズの4人のキャラクター紹介とビデオなどの封入のライナーノートの設定がなどの収録、TVシリーズなので1-24話のフィルムストーリーと放映されなかった25.26話のうち25話のフィルムストーリーを収録 26話はビデオを見ろってことらしい・・
設定集や旧作の紹介もあるが アニメ誌などの掲載イラストがないのだがそもそも アニメ誌に素材は提供されてなかったのだろうか? 一応フィルムストーリーの合間に見開きのイラストは数点あるが書下ろしっぽい

山田正樹のファンの方はどうぞ
1999/11/30



学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD TV‐Animation コンプリートファイル

表紙をめくるとスタッフインタビューあり ビジュアルメインかと思ったらインタビューとアニメ設定画が多い それほど点数が多くない(放送が12話だったしね)版権イラストやBDジャケットイラストは収録されてはいるが小さい、
アニメでは「おっぱいで一芸をいれてください」って監督から指示があったらしい・ だから「ああ」だったわけか
設定はどうでもよく ビジュアルが目当てだったのでこの値段はちともったいなかったな
2011/4/26



Fate/stay night Visual Story

fATEは最初にプレイしてから特に関連物はかてなかったので 当初この本はコンシューマーゲームの本かと思っていた するとこれってPC版の本だったんですね・ オールカラーでちと重い  ゲーム中のCGが3つのルートのストーリーとしてまとめられているが ゲーム関連ほ本は確か2008夏に箱の入りの本が出ていたように思う お決まりのように用語辞典も巻末にあり FateZEROの登場人物もすこし解説されている
2007/8/31



双恋ノベルズ




双恋―ビジュアル&コミックス




双恋(フタコイ)ビジュアルズ




Fate Unlimited Guide

月刊コンプティーク2月号の増刊
PCゲームでなく アニメの方の関連本 アニメの放映に先駆けて発売(先駆けるというかほぼ同時)
人物紹介設定とスタッフのインタビュー、PS2化決定ということで那須きのこ×武内崇の対談みたいなものがあり モノクロページで設定資料
付録にセイバーのスタンドポップ(pc版)・下敷き(アニメ版)・ポストカード(PC版・アニメ版・コミック版)が付いている 全員応募サービスでQUOカードがあったが本誌のコンプティークとの連動でなぜかFateとは関係ない作品がサービス対象のカードだった(SHUFFLEとかD.C.)
2006/2/1



Baby Princess 公式ファンブック My Dearest True Family

原作の電撃G’sマガジンはシスタープリンセスの連載終了から全くみてなかったのでG’sマガジン掲載分のイラストが載ってるのはありがたいが みぶなつき氏の手がけたイラストって思ったよりも少ない ノベライズも途中から表紙以外は別のイラストレーターに代わっていたが本誌でもそんな感じだったようだ ノベライズの口絵のイラストも収録されている  G’sの読者参加ページでのイラスト、本誌で掲載されたメッセージもまとめられて収録されている Web上で展開されていた日記は投票数の多いものに絞って掲載されている  初の2Dキャラの3Dアニメ化・・に伴い発売されたと思うがノベルが終わってから出せばよかったのにね
本誌の展開はしらなかったけど 本誌の方では実の兄弟? ノベライズではどうやら曽祖父母までさかのぼると血縁くらいのつながりのようだけど・
2011/4/30



プリンセスラバー!CHARACTER FAN BOOK

1100mm×1100mmの描き下ろしマルチカバー付ってあるけど正直いらん!欲しい人が払込票で購入するようにすればいいのに・ 本の裏に使用方法としてプリンターカバーやテープルカバーに!ってあるけど これをテーブルカバーにするにはイタすぎる・
なお乳首すけがNGなのか シャルの胸に表紙なのに★が飛んでます・ 見場わるいから下着姿のイラストにしなきゃ良かったのにね・ 版権イラスト42点が収録されている あとはストーリーダイジェストとかだけどそれは本編のアニメみれば済むので・ こういった版権イラストもネットで画像検索かければ済むご時世なんだけどもついね・ この作品作画がよかったから・ 



うるし原智志ビジュアルワークス〜フロントイノセントvol.1より〜

付録で書き下ろしのポスターあり   単にOVAのフロントイノセントの本とともったら プラスチックリトルの入浴シーンとかある アニメでは湯気があったのでそれを除いてってことらしい
フロントイノセントへの道と題して ホワイトシャドウ、バルキサス、校内写生2、プラスチックリトルを振り返り氏がコメントを書いている
あとはイラストレーションギャラリーとして今は廃版になっているセルワークスに発表されたセルイラストの再録やムーンロック関連でのイラストも入っており 半分くらいはイラスト集と思ってよい 一応アニメムック本に分類するが
あとがきの「うるし原智志のいいわけTALK」を読むと「美術界では美しくないとされる女性的な脂肪がつきはじめた体が書きたいと思ってきた」とあるがその思いがこれまでのイラストなりの仕事だったようだが 氏自身が衰えてきたとある・ まだまだ氏にはイラストで頑張って欲しいものである

うるし原智志のファンは イラスト部分を目当てに買ってもいいのでは?
2005/10/14



魔女っ子メグちゃん&花の子ルンルン

蘇る!東映アニメアンソロジーの03
CDが付属しているがOP ED曲と劇中効果音6曲のみ
東映アニメアンソロジーのシリーズは作品以外にもキーワードがあるのだが 本書は「魔法+変身」 魔法少女ものは全く知らないジャンルなのだが グレンダイザーの関連を探しているとどうしても荒木氏が関わってくるのでついでに これも入手しみた次第だが さすがに一回も見たことないのでわけわからんな・ ストーリーダイジェストはあるのだが 各話のスタッフリストはない 放映日とシナリオタイトル(サブタイトル)は一覧としてあるが・真ん中あたりに袋とじあり ルンルンの最終回のプレイバックがあるようだが興味ないのであけてもないです
2004/11/30



マジンガーZ大全集

タイトルだけ見るとZだけの本に思えるが マジンガーシリーズとしてZ、グレート、グレンダイザーを収録した本 刊行当時に買って大事にしていたがおととしの家の改装うんぬんで一度オークションでうっぱらった 最近になってグレンダイザーの資料が読みたくなって一番詳しいのはこれだと思い出して再び入手  今はプレミアついて結構高い
コミック版は含めず アニメ作品だけの本だが収録内容の資料はかなり豊富 原作の永井豪のラフイラストなども収録
昭和時代は子供向けの本でマジンガーシリーズもたくさんの本を見かけたが 最近はネットをみてもそれらは出品されていることはかなり稀 かなり昔はダイターンとザンボットを一緒紹介した解説本やライディーンの解説本を見かけたものだが今は巨大ロボットアニメの解説本としてコーナーで見かける程度だもんなあ
ちなみにマジンガーで印象的だったミネルバXの回は詳しくない あれはケイブンシャのマジンガーZ大百科に詳しかったような気がする・
グレンダイザーは最近入手できる資料では本書かロマンアルバムくらいしかないか? 最近はロマンアルバムも見かけないけど
s63/1/15



女神天国設定資料集

原作は電撃PCエンジンの企画で好実昭博がイラストを担当していた
OVAとして上下巻で発売された作品の設定集 今はDVDにまとめて収録されている
巻数が少ないこともあり、美術設定は少なく人物設定が主 しかしながら好実昭博の絵を似せて作ったという感じではない ちなみにこの作品のスタッフが作ったのがAIKaらいい AIKaとかナジカの絵が好きな方はどうぞ・



女神天国―OVAパーフェクトコレクション

現在の電撃G’sマガジンの前身、電撃PCエンジンにて好実昭博がイラストを担当した企画もの連載の「女神天国」のOVAの関連本
ちなみに電撃G’sになってから復活企画があったのだが500通の応援はがきが来なかったことから第1回だけで終了した・ 3人の女神キャラがいたはずなのに一人のイラストだけで・ 他のイラストは同人で発表とか同人誌のあとがきにあったが以前としてでてない
まあ・・それらは置いといて・本書はメインがキャラクターママメガ側*4人 ヤミメガ側*4人の計8人のアニメからのギャラリーみたいなもので占められており、後はOVAのストーリーガイド・ストーリーガイドといってもVOL.1パラダイス・レボリューション  VOL.2パラダイス・ロスト?の2巻しかないのでさっくり終わる、あとは設定資料
監督の西島克彦、作画監督・キャrタデザインの山内則康、原作キャラデザインの好実昭博のインタビュー有
他にも電撃文庫やコミックなども出てたけど好実氏は絡んでなかったし・CDジャケットくらいしか担当してなかったか?
1996/1/5



MUV-LUV ALTERNATIVE TSF CROSS OPERATION
『トータル・イクリプス』&『TSFIA』総集編 Vol.1

PCゲームマブラヴ・オルタナディブのスピンオフ企画でPC雑誌テックジャイアンに掲載されているものをまとめたもの マブラヴ本編に登場する人物は出てこないことと、あのオルタナティブの暗い世界観は好みでないのであんまり興味はないが イラストの担当が唯々月たすくだったので一応チェックはしていた techjain連載の小説はすでに発売されていたので表紙からキャラクターのビジュアル本と思って購入してみたのだが・・中身はほとんど戦術機の設定でしかも半分以上は戦術機のフィギュアモデル?のページなので個人的には購入は大失敗…  
2008/11/14



MUV-LUV ALTERNATIVE TSF CROSS OPERATION
『シュヴァルツェスマーケン』&『TSFIA』総集編 Vol.5

ラノベでオルタのイラスト担当してるのがいつのまにかCARNELIANになってると思ったら そもそもテックジャイアンの連載のイラストそのものがCARNELIAN氏に代わっていたのか
元はPCゲームのマブラヴ オルタから始まったスピンオフ作品だが発表がノベル形式なので ラノベのファンブックとして紹介

これまで同様テックジャイアン連載をまとめたもの 以前の総集編と構成はかわらないのでメインは戦術機の設定やキットモデルのページが大半なので CARNELIANのイラストが目当ての人には不向き イラスト点数は多くないのに¥1800はちょっとねぇ
2012/8/10

まぶスペ―まぶらほスペシャル

ドラゴンマガジンの増刊号をもっとアニメよりにしたムック本 収録が主にアニメ雑誌などに描かれたイラストを収録ってのは変わらないが・ あとはDVDのピンナップとかが収録されているので一々DVD買わなくていいので便利ってことか
各話ストーリー紹介もなしなので ムック本というよりイラスト集って感じだ
帯にも 100点以上におよぶ〜とあるし アニメ版のまぶらほもカバーしたい方はどうぞ・
2005/3/1



まぶらほ ファンブック ドラマガ6月号 増刊

アニメ版まぶらほのファンブック とはいえドラマガの増刊なので原作版の駒都え〜じのイラストを使った まぶらほぎゃらり〜というコーナーもあり
特に厚い本でもなく結構ペラいのでキャラクター紹介とTV24話のストーリーエピソード、アニメ版のイラストギャラリーでほとんど あとは声優のインタビューくらいか
小説版とはキャラクターの重要度がだいぶ違うように思えたが まあ別モンだしね アニメ化っても原作とまったく同じでもつまらんし・
アニメ版で優遇された千早は 後に原作小説でも格上げされることになったしな
2004/6/1



ロマンアルバム29 無敵鋼人ダイターン3

アニメージューの別冊みたいな扱いの本 ロマンアルバムシリーズひとつ
サンライズアニメ ダイターン3のムック本  ザンボット3と抱き合わせでの本は2-3冊見たことがあるがなかなかダイターン3のみでの本はみない
ストーリー冒頭の文句「世のため人のためメガノイドの野望を打ち砕く噂の破嵐万丈、そして無敵のダイターン3!」ってやつとか 「日輪の力を借りて今、必殺のサンアタック!」とかセリフが印象に残る
カラーページでキャラ紹介と最終回の紹介があるほかはキャラ・メカ設定と全40話で放送された各話のあらすじなど
s57/4/1(2刷)



めだかボックス 設定資料集

同時期に売ってたニャル子さんの設定資料集よりも登場人物が多いので当然その分ページ数が多いせいで?価格は高い
しかし登場人物(ゲスト)が多いからページが増えているだけでメインの生徒会役員と不知火半袖が1/3 あとはどうでもいいゲストキャラやモブキャラ、学園の建物設定のページ  現在アブノーマルの12組が登場する2期まで放送されたがこの設定は1期のものだけ



ヤミと帽子と本の旅人VISUAL COLLECTION―メガミマガジンスペシャルセレクション

いくつかでている学研のメガミマガジンのスペシャルコレクションシリーズのうちのひとつ、 カーネリアン原画のPCゲームがアニメ化した作品の本
本以外に葉月のスタンドポップが付属しているが…いくらCARNELIAN書き下ろしとはいえ邪魔です いらないです・・普通にポスターでええやんけと思うのですよ・
中身は「ビジュアルコレクション」のタイトル通り ほとんどイラストのためイラスト集といってもいいのかもしれない 初出一覧や原画担当の名前なども載っている
CARNELIAN本人の絵はドラマCDのジャケット2枚分とDVD-BOXのジャケットの3枚だけだが アニメ版の絵は綺麗だったので「カーネリアン作品」が好きな人なら十分なないようだと思う 作品の話数も少ないことから出てる本はこれだけだしね・
2005/6/13



ロマンアルバム15 UFOロボ グレンダイザー

マジンガー3部作の最終作 グレンダイザーの関連本
2000年台になってからスーパーロボット大戦で過去のロボットアニメにスポットが当たって資料本なども刊行されているが意外にマジンガーシリーズの関連本は単独では少ない
デュークフリードのピンナップあり キリカやナイーダといった荒木伸吾が作画を担当した回のフォトコレクションもあるがページはわずか 設定集もあるがマジンガーZ大全集の方が設定画は多いか?
ほかは東映劇場アニメの2作品とグレンダイザーの前身である宇宙円盤大戦争のストーリーダイジェストもあり
お決まりの全話のダイジェスト、スタッフ&声優インタビューあり
s53/12/30



誘惑COUNT DOWN―Original animation video Vol.2鏡AKIRA

原作はうたたねひろゆきでピンクパイナップルからOVAになった誘惑 カウントダウンの後半リリースのタイトル 鏡(カウントダウンは全6巻で4.5.6巻に収録)で構成されている  OVAの同級生の原画と同じ 音無竜之介が作画監督をしており、絵のクオリティは高い OVA中のHシーンもあますところなく収録 原作コミックの紹介もあり
誘惑カウントダウン パーフェクトコレクション Vol.1 OMNIBUSも発売されているのだが探してもなかなか見つからない
1998/6/8



妖獣教室 フィルムグラフティー

触手ものの元祖?のシリーズ  人気ゆえにシリーズ化されたがかなり絵のよしあしのばらつきがあった妖獣教室のムック本 同時刊行の淫獣学園 LaBlueGirl フィルムグラフティーと同じ フィルムストーリー本といったところ
収録作品はなぜか1と2はなく、妖獣教室3、妖獣教室4、妖獣教室香港復活編、妖獣教室完結編より
確か3の登場で人気がでたアッシュというキャラで外伝が作られたと思うがそれらは収録されていない
作品の中で絵が綺麗なのは3と4だけ あとはひどい出来・・そういえばこの作品ってDVD化されてないよね 確か・・   されてる?
15Pほどの設定集コーナーあり

似たような本で他作品も含めた超過激なエクスタシー全集―淫獣学園La‐BlueGirl・妖獣教室・聖獣伝って本もあるようだ
1994/6/30



アニひな 内風呂編

マガジン連載 赤松健 作の同名コミックのアニメの関連本
ヒロイン成瀬川なるのセルイラスト付き カラーページのギャラリー、キャラ紹介兼担当セイユウインタビューのほかは 「つくるな」「資料な」「お話な」に分かれて各々製作者インタビュー、設定資料、#1-13までのストーリーダイジェストになっている
2000/8/4 



アニひな 露天風呂編

Ver.1と同じく成瀬川なるのセルイラスト付き 構成も同じでカラーページにギャラリー、キャラクター別名場面集みたいなの  のこりは「資料な」「研究な」「おはなしな」に分かれ、「おはなしな」で#14-24のダイジェスト、つくるなではOPの原画、最終24話のシナリオ収録など、研究なはアンケートやクイズなのどのファンページみたいなつくりになっている
カセットテープのケースを使って作るペーパークラフトもあるが発行当時の2000でさえカセットテープは消えていたと思うぞ・・
2000/11/9



ラブライブ! パーフェクトビジュアルコレクション〜Dream〜

2014の夏に平積みにしてあったのでてっきり出たばっかりだと思ってたら昨年の発行
そういえば2期決定と帯にあるけど2014の春アニメで放送が終わった後か 
人気作らしいので今の時点ではマケプレの価格がプレミアになってるけど普通にゲーマーズとかで平積みされてるぞ
Dreamとsmaileの同時2冊刊行 まぁキャラクターで人気があるやつだからキャラ毎につくファンのために紙面多くする必要があるだろうけど
一冊が2500+TAXと高い 2冊を左右に並べると表紙が一枚のイラストになる作り
てっきりファンブックだと思っていたので版権イラストと各話紹介やスタッフインタビューとかだと思ってたらタイトルの「ビジュアルコレクションの通り」版権イラスト集だった
Smaileも同じく版権イラスト集だった なら高額になっても一冊にすればいいのにね ファンなら高額なっても買うでしょうにね
本編すら現時点で未視聴の私はたまたま余裕があったので手に取っちゃったし

収録イラストは電撃G'sマガジン、メガミマガジン、リスアニなどの雑誌を飾ったイラスト及びCDジャケットイラスト
Step、Vacation、Startとコーナー分けされており、それぞれアイドル活動、水着、制服のイラストが多い
2013/7/30


ラブライブ! パーフェクトビジュアルコレクション〜Smile〜

Dreamと同様に収録イラストは電撃G'sマガジン、メガミマガジン、リスアニなどの雑誌を飾ったイラスト及びCDジャケットイラスト こちらはfriendship、sweet、Loveで分けられているが全体的に複数人の集合イラストが多めというくらいでコーナーで分けるくらいにイラストテーマはないような・
2013/7/30



リオ レインボーゲート!CHARACTER FAN BOOK

1100×1100のマルチカバーが付いている
版権イラスト27点収録及び ストーリダイジェストのムック ストーリーダイジェストは3Pだけなのでほぼイラストとキャラコスチューム設定画 イラストがなんかぼやけているように見えるのは印刷が悪いせい?  表紙はブラなし、ショーツなしの上着だけでエロいめ
2011/9/6


ロマンアルバム18 惑星ロボ ダンガードA

ゲストキャラで一番人気のノエルのピンナプあり
カラーページでの紹介は主人公一文字タクマとその父親ダンとのドラマと後半になって出てきたライバルキャラ・トニーハーケンにスポットを当てたものとなっている あとはピンナップにもなっているノエルが登場する42話「異星人・ノエルの微笑み」の誌上紹介が真ん中あたりにある あとは設定資料・スタッフインタビューなど 設定資料は原作の松本零士によるキャラの基本設定画もある 原作コミックが2巻でているが未読
本作はスポ根ものをロボットアニメに入れた感じもので序盤のパイロット養成のくだりがつまらなくて途中からみてなかった・  グレンダイザーに続いて荒木伸吾キャラを見た作品だった まあ当時は作画が誰なんてまったく知らなかったけどね 物覚えついてるかどうかだし
s55 8/10の3刷



World’sEnd プレミアムコレクション

季刊誌のマジキュームレミアムに連載していたノベル企画の単行本? イラスト 天広直人 シナリオ玉井☆豪のワールドエンドというもの
マジキュー 2001/summer-2003-mayまでの9話がまとめられている ジーズマガジンでやっていたシスタープリンセスみたいな形態と思えばいい
なのでほとんどは連載分のイラストとショートノベルで占められている あとはドラマCDで メインの4人を演じた声優のインタビューとグッズ情報、クリーンナップされる前のラフイラスト?みたいなものをまとめたコーナーがある天広直人描き下ろしでポスターがついている
2003/8/6




前へ 次へ
項目TOPに戻る HPのTOPに戻る



inserted by FC2 system